人気車種ホンダフィットに乗り継いで

初代のホンダフィットが誕生したのは2001年。1300㏄のエンジンながら、高い走行性能と低燃費でたちまち人気車種になりました。
そのフィットに最初に試乗した時、「1300㏄のエンジンって非力よね」と内心思いながら、営業マンに「かなり走りますから山道など試乗してみてください」と言われ、試乗すると、全く想定外の走りをしたのを今でも覚えています。また、内装の作りこみやシートの生地などがしっかりしていて即決。がしかし、納車数か月待ちと言われ、首を長くして待っていたのを覚えています。確か、フィットはホンダロゴの後継者と言う位置づけでしたが、0からホンダが作り上げ、かなり力を入れていたと聞いています。従来の1000㏄~1300㏄クラスの車種とは一線を画す、車だったと思います。そして、その後のコンパクトカーブームの火付け役となった車種でしょう。
納車後のフィットは燃費もかなりよく(リッター17㎞)、それまで乗っていたセダンよりも燃費(リッター8.5㎞)が倍ほどでかなり遠乗りをした覚えがあります。またシートアレンジが多岐にわたり、後部座席をフラットにして寝たこともありました。
そして、2代目フィットが誕生したのを機に、カタログだけ見て即決(実車が出る前だったので)。がしかし、暫く乗って、分かったのですが、作りこみが初代ほど細部にこだわってなく鉄などの高騰の影響もあると思いますが、内装もプラスチッキーになり初代に比べ、安っぽくなった感じ。シートの生地など明らかに初代のほうがよくコストダウンがあからさま。燃費は初代よりも若干あがってますが。初代が良かっただけに、コストパフォーマンスは普通といったところでしょうか。
今回、車検を機に3代目フィットを検討していますが、デザインがね。それに、初代フィットがデビューしたときほどの衝撃はないですね。