愛車を少しでも長く乗り続けるには

大切な愛車は、少しでも長く乗りつは付けたいと感じるはずです。
長く乗っていても、古くなったと感じてしまったら、やはり新しい車へと乗り換えたいという気持ちになってしまいます。
つまり、年式が経ってしまっても、見た目が綺麗な状態をキープすることができれば、長く愛車として乗り続けたいという気持ちになっていくのです。
綺麗な車の上体をキープする上で重要になってくるのが、汚れたときの洗車でしょう。
洗車は洗車機のみという人も多いはずですが、綺麗な状態をキープしたいのであれば、自分で手洗いを行うべきでしょう。
洗車で重要なポイントになるのが、多くの水で、多くの泡で優しく洗ってあげることです。
また、洗車の後のワックスなどのボディーのコーテイングも必ず行うようにしましょう。
まず、洗車ですが洗車を行う場合は、環境をまずは整えることが先決です。ただ水を確保できれば良いだけではなく、風により誇りが舞い散らない場所、日射しの強い日に直射日光が当たらない場所などの環境が大切です。
風により誇りがボディーについてしまうことで、ボディーを吹き上げるときに傷を付けてしまいます。また、直射日光は水を早く乾かしてしまい水垢の原因になってしまうのです。
また、洗車の後のワックスやコーテイングはとても重要なポイントです。
ボディーの塗装の劣化は、紫外線による物がほとんどなので、洗車後はしっかりボディーをコートしてあげることが重要なポイントになるでしょう。